色弱・色盲 色覚特性を補正するダルトンメガネレンズ

色弱・色盲 色弱補正 色弱レンズ ダルトン

ネオ・ダルトンメガネセンター東京 >色弱について >色弱・色覚特性・色覚障害とは

 

色覚特性、色覚障害とは

 

 色の感じ方は人によって微妙に違います。

 

 

人間の色覚について 

 人間の目はどうやって色を識別しているのでしょう?

人間の目には色を感じる細胞があり、R(レッド 赤色)・G(グリーン 緑色)・B(ブルー 青色)を別々に感じる仕組みです。

 

 

色覚障害とは? 色覚特性のひとつ

 色覚障害は、色を感じる機能が損なわれた状態ですが、障害と言うより色覚の多様性の一つであり、色覚特性の一つです。障害と言う言葉はネガティブな印象を受けますが、単なる色覚特性の一つだとお考え下さい。
人それぞれ視力が違うように、色覚も人により違うのです。

色覚障害にはいくつかのパターンがあります。

 

第一色覚障害は、赤を感じる機能が損なわれた状態です。

第二色覚障害は、緑を感じる機能が損なわれた状態です。

これらは赤や緑の差が分かりにくく、赤緑色覚障害と言います。

 

第三色覚障害は、青を感じる機能が損なわれた青や黄色の差がわかりにくい状態で青黄色覚障害と言います。

赤緑色覚障害がほとんど

 

日本人の場合、色覚障害は男性の約20人に1人 女性は約500人に1人の割合です。

 

 ダルトンメガネセンター東京

色弱・色覚特性・色覚障害とは

 

ダルトンメガネレンズ

色弱治療について 
色弱・色覚特性・色覚障害とは 
色弱・色覚異常とは 
色弱で色がどう見える? 
色弱、色でこんな経験は? 
色弱、仕事でお困りなら 
色弱色覚検査 
色弱色覚障害 用語の説明 
色弱、カラーバリアフリーとは 
色弱と色 

 

参考:
色覚障害について
石原式色覚異常検査表 

ネオ・ダルトンメガネセンター東京 >色弱について >色弱・色覚特性・色覚障害とは

 

 

ネオ・ダルトンメガネセンター東京
 
色弱・色盲 色覚障害を補正するダルトンメガネレンズ