色覚特性の多様性とカラーバリアフリー(色覚バリアフリー)

色弱・色盲 色覚補正 色弱メガネ ダルトン

ネオ・ダルトンメガネセンター東京 >色弱について >色弱、カラーバリアフリーとは

 

 

カラーバリアフリー(色覚バリアフリー)の必要性について

 

 

色覚の多様性を認識することが基本です。

 色覚、つまり色に対する感覚や感じ方、色覚特性は、人によって違うことを認識しましょう。色覚には多様性があり、色覚特性は人によって違います。

色覚障害の場合、識別しにくい色の組み合わせがあります。

例えば赤緑色覚障害の場合、「赤色と緑色」、「黄緑色と黄色」が同じような色に見えます。

また、赤色が暗く見えたり、「紫色と青色」、「緑色と茶色、「赤色と茶色」が同じように見えます。

 

 

こんな色は目立たない

 色覚障害ではホワイトボードに書いた赤文字が見えにくい、黒板の赤チョークが見えにくいなどの場合があります。

目立つと思った赤色が目だたないこともあるわけです。

 

 

カラーバリアフリー(色覚バリアフリー)対応

 カラーバリアフリーが拡がりつつあります。

交通機関の表示や施設のサイン、印刷物、プレゼンテーション資料、電気製品の操作パネルなど、色で識別するような場合に色覚障害に対応するような表示にすることをカラーバリアフリーと言います。

 

 

色だけに頼らない表示方法がよいです

 色覚の多様性に対応するには、色だけに頼らない識別方法を使うとよいです。

例えば、線種を変えたり、ハッチングを併用するとよいです。

線種とは、線の太さ(太線、細線など)、線のパターン(実線、破線、一点鎖線など)です。

      カラーバリアフリー 線種 ダルトン

色ではなく、形状やパターンで識別するようにするわけです。

 

 

文字表現の工夫

 文字ならば、フォント(書体)を変えたり、太字下線斜め文字文字サイズなどをうまく使い分けるとよいです。

また、色を使い分ける場合には、色名も表示すると間違いが少なくなります。

 

 

カラーバリアフリー(色覚バリアフリー)に関する情報探し

 インターネットで検索すると、色覚障害に対応する「色使いのガイドライン」などに関する情報がいろいろあります。「色使いのシミュレーションソフト」などの情報もあります。

 

「カラーバリアフリー」や「色覚障害に対応した色使い方法」などに関する情報探しは、下記のキーワードで検索するとよいです。

    • カラーバリアフリー
       
    • 色覚バリアフリー
       
    • カラーバリアフリー 色使い ガイドライン
       
    • カラーユニバーサルデザイン
       
    • 色覚障害 色使い チェックポイント
       
    • 色覚障害 色使い シミュレーションソフト

 

     

色弱色盲 色覚を補正するダルトンメガネの詳細についてはこちらをご覧ください。 
 

 ネオ・ダルトンメガネセンター東京

色弱、カラーバリアフリーとは

 

ダルトンメガネレンズ

色弱治療について 
色弱・色覚特性・色覚障害とは 
色弱・色覚異常とは 
色弱で色がどう見える? 
色弱、色でこんな経験は? 
色弱、仕事でお困りなら 
色弱色覚検査 
色弱色覚障害 用語の説明 
色弱、カラーバリアフリーとは 
色弱と色 

 

参考:
色覚障害について
石原式色覚異常検査表

 

ネオ・ダルトンメガネセンター東京 >色弱について >色弱、カラーバリアフリーとは

 

 

ネオ・ダルトンメガネセンター東京
 
色弱・色盲 色覚異常を補正するメガネレンズ ダルトンメガネレンズ