色覚補正レンズの原理 ダルトンメガネ

色弱・色盲 色覚補正 色弱メガネ

ネオ・ダルトンメガネセンター東京 >色覚補正レンズとは? >色弱 色覚補正レンズの原理

 

    ダルトン 色弱 色覚補正レンズの原理

1
色覚補正レンズのフィルター機能で補正する。 ダルトンレンズ
↓
2
色覚補正レンズのフィルター機能2 ダルトン
↓
3
色覚補正フィルター調整後の見え方3 ダルトン

 

 中国の白求恩医科大学教授、陳暁光氏が発明した色覚補正レンズは特定の色だけを残しほかの色の透過率を弱めるという特殊なフィルター機能を持った特別なレンズです。

 

 色覚異常の方でもこのレンズを使って感覚が弱い色と同じレベルにまで他の色を弱めれば視野はやや暗くなるものの色の見え具合は正常に近付きます。

 

 色覚異常の方には1のように見えていますが、これに2のようなフィルターを使うことによって3のように見えるように緑青の波長を調整します。

 

 

眼鏡学ジャーナル VOL.9.-1(pdf

事例報告 色盲・色弱の理論と実際

 

色弱 色覚補正レンズの原理

 

ダルトンメガネレンズ

機能性サングラス 
色覚補正レンズの選び方 
色弱 色覚補正レンズの原理 
機能性サングラスとしての用途と可能性 
色覚の多様性 

 

参考:
色覚障害について
石原式色覚異常検査表

 

 

 

ネオ・ダルトンメガネセンター東京
 
色弱・色盲 色覚異常を補正するメガネレンズ ダルトンメガネレンズ