色弱色盲 色覚異常とは? 色覚補正メガネの作用

ダルトンメガネセンター東京 > 色弱について > 色弱・色覚異常とは

 

色覚異常(色盲、色弱)とはなんでしょう?

人間の目はカラーセンサーのように色に反応する仕組みがあります。色覚異常(色盲、色弱)は特定の色に対する感覚が弱いことから、赤や緑と褐色など、色を組み合わせた時に区別しにくくなるもので、性染色体上にある遺伝子によって発生します。

 先天性の色覚異常の割合は、男女、人種によって大きく違います。

 白色人種はおよそ8〜9%、黄色人種は4〜5%、黒色人種では2%ぐらいです。

 女子では遺伝の法則から、男子の割合の2乗、すなわち(20数人)×(20数人)=約500人に一人になります。

 

補正メガネによる色補正の例です。

    色の識別に困った時にどうぞ。

     

    色覚異常の方は、アカ色を識別しにくいので、クジラの形がよく見えません。

    赤系の色感度が少ない色盲では赤色が弱くなり判別困難になる例です。

     

     

    補正メガネは色波長をレンズにコーティングしたフィルターで補正します。ダルトンレンズによる赤系の感度を補正した例です。赤味が全体的に強い画像になりますが、クジラを識別できます。

    色波長のフィルター補正により全体的に赤味がかってますが、クジラが識別できます。

 

 眼が色を見分ける仕組み、簡単な説明です。色の違いは光の波長の違いで、眼がどうに感じるかと言いますと、3種類の光の波長帯に反応する細胞(錐体細胞)が網膜にあり、それぞれの細胞がレッド、グリーン、ブルーのような色に反応します。その情報が視神経で脳に伝わり色を認識するのです。しかし、どれかの錐体細胞の感度が低かったり無いと、その知覚が低下します。つまり識別しにくくなります。

日本人男性では、先天赤緑色覚異常比較的多く、その割合は約20人に1人くらいなのです。識別できないタイプにもいくつかの種類があり、錐体細胞が無ければ色を感じない場合もあり、感じ方には多様性があるわけです。

そのような色に対する感度バラツキに対し、レンズコーティングでフィルター補正での判別改善方法があります。但し、カラーフィルタの性能限度があり対処不可能もあります。また錐体細胞が存在しないケースには効果ありません。

 

色覚補正メガネ(色弱補正メガネ)のご質問等お気軽にお電話ください。

お試しは完全予約制ですので、お電話でお申込みください。

 ネオ・ダルトンメガネセンター 東京 

色盲色弱は不便?

日常生活の中で、こんな事に不便を感じている場合もあります。
 (これらのことは全ての色覚少数派にあてはまるわけではありません。)
  • 道路の交通信号機の色(赤青黄)が見分けにくい。又はライトが識別できないのでLEDの並び順で覚えている。
     
  • 夜、車の運転をすると、交通信号と水銀灯(街路灯)が区別しづらい。
     
  • 車のブレーキ灯が見づらい。
     
  • 空の状況を見て、晴れている晴天なのか曇っている曇天なのか、天気がわかりづらい。
     
  • 茶色のコーヒー牛乳と赤茶色の野菜ジュースを間違えたりする。
     
  • 焼肉店で焼き肉を食べるとき焼け具合が分かりにくく、焼けた肉と生肉を間違える。
     
  • 緑のインクを赤だと思った。
     
  • 色の違うソックスが同じに見えてしまい、違うものを片方づつ履いていて気付かなかった。
     
  • ゴルフで芝生の上に置いたマーカーが見えなかった。
     
  • 麻雀で赤い字が黒にしか見えない。
     
  • 紅葉はどうみてもミドリにしかみえない。
     
  • 洋服を選ぶとき、とんでもない色の服を選んだ。
     
  • テレビ画面の色の調節が上手くできない。
     
  • 赤飯の色が汚い色で食べる気がしない。
     
  • ピンク色のスニーカーを水色だと思った。
     
  • 葉の中にある赤い花が目立たない。
     
  • 乳児の緑便が判らない。
     
  • 人の顔色の変化がよめない。
     
  • 車のボディーカラーを遠くからでは間違える。
     
  • オフィスや劇場、公共施設、ホテル、デパートなどにある「非常口」のランプは火事の煙の中ではかえって見つけにくい。
     
  • 電気関連で、接続ワイヤのカラーが分からない。(電源ラインや信号、コントロール系リード線など)
     
  • 医療研究分野で、蛍光顕微鏡やマイクロアレイの色識別
     
  • 工業分野で、サーモグラフィー測定やCAEの応力解析、温度シミュレーションのビジュアル判断
     
  • エンジニア、抵抗のカラーコード
     
  • 工場の表示灯
     
  • 地下鉄路線マップ、電車の路線図
     
  • 色見本で困る。染色作業
     
  • 配線コード被覆のカラー、配線ミス。
     
  • トマトやイチゴ、果物の熟し度合い
     
  • 黒板のチョークの色
     
  • カレンダーの祝日
     
  • パソコン画面表示、家電製品のパイロットランプ、LED
     
  • ペンキや絵の具の色

 仕事で色の識別で困ることもありまして、そのような場合だけ補正メガネを使う方法もあります。

 

 

色盲 優れていることも

 異常と言う言葉は正しくないのです。異常や障害と言っても優れている面があります。例えば緑色の識別能力が優れている場合があります。緑色と、黄みがかった緑、赤みがかった緑、青みがかった緑を繊細に敏感に識別できることもあります。

 

 

 参考までに、カラーバリアフリーで色だけに頼らずパターンや形によるマーキングも増えています。ホームページ制作などカラー表現する際には、第1色盲や第2色盲で区別しにくい色の組合せなどを知っておくことも大事です。例えば茶色とオレンジ色、緑などは同系色に見えてしまいます。色を使ったコミュニケーションには注意が必要です。プレゼンテーションの資料やグラフ、図を作成する際にも、文字や形、ハッチング、破線や一点鎖線のような線形状のバリエーションを使うような心遣いが必要でしょう。色弱の見え方を簡単にチェックできるシミュレーショソフトもあります。

 

色覚補正メガネの手引き / 色覚補正メガネお試しの様子 / 色弱 色覚補正レンズの使用例 / 色弱色覚補正レンズの原理 / 色覚障害 用語の簡単な説明

 

色弱

色弱治療

色弱・特性・色覚障害とは

色弱色盲

色の知覚、色盲

色での経験

色盲色弱、悩み

色覚 色盲色弱検査

色覚障害 用語

色弱、色盲 カラーバリアフリー

色弱色盲と色

ダルトンメガネは色覚補正用

参考:
色覚障害について  石原式色覚異常検査表

 

色覚補正

色覚補正の手引き

色弱補正メガネを試用の前に

小型船舶操縦士試験と色弱について

お客様の声(ダルトンメガネ)

お客様のお仕事、購入動機

対応できない場合

色覚補正メガネの実績

メガネ使用例

お試しの様子

パンフレット(色弱メガネ)

開発者も色弱でした

薬事法との関連及び対応

色弱について

補正レンズ

ダルトンメガネセンター東京 アクセス

 

 

ダルトンメガネセンター東京 色覚補正メガネレンズ